仮面浪人成功への道・・・
元仮面浪人生によるブログです。 質問・相談あったら気軽にどうぞ☆                  私の仮面時代の前のブログ「仮面浪人で志望校へ・・・」も参考にして下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語③・・・

前回の英語の記事から随分と間があいてしまいました。
楽しみにされていた方、お待たせしました。


さて今回は英語のキーになる長文の勉強法です。


まず英語の長文は必ず毎日やりましょう!今出来ない人でもしっかりやれば夏の模試で驚くような結果が得られると思います。


方法はマイリンク(右の欄下らへん)にもある『「大学受験にウカる技術」あなたは知っていますか?』のブログの勉強法を私なりに改良したやり方です。見たことが無い人は見て下さい。


参考書ですが、そのブログの梶田さん著の「やばい!」シリーズはかなりおススメです。一応言っておきますが、別に私は梶田さんの回し者でも何でもありませんよ。本当におススメだと思ったから書いたまでです。


内容は速単の長い感じといえば分かるかと思います。
よかったら本屋で見てみてください。


で、私の勉強法なんですが、一番最初にやり始めたのは「やばい!」を毎日2話ずつやりました。それが終わってからはお馴染みの反復法です。速単の必修編の文章を毎日約5話ずつ読んでいました。つまり約10日で一周する計算になります。長文でも反復は大事です。同じ文章を何回も読むことで不思議と新しい文章も読めるようになっていきます。


必修編が完璧といえる状態になってからは、プラス上級編も3話ずつ読んでいました。これも反復です。ですが、この上級編はかなり難しいので自分の大学のレベルに合わせ使った方がいいと思います。


これをちゃんとやっていると、かなりの語彙力が付くと思います。あとは自分のペースで長文の参考書や赤本の文章をやるといいと思います。長文力は反復だけでは付かないので、新しい文も定期的にやる必要があります。


そこでひとつポイントなんですが、長文の文章を読むだけで問題は解かないでいいです。文章がしっかり読めるようになれば問題なんて朝飯前になります。ちゃんと問題を解くのは秋頃からでも十分です。


受験を制するには英語が鍵になります。英語が苦手の人も最低でも人並み程度には出来るようにしましょう!


私が現役時代に失敗したのは英語を他の教科でカバーしようと考えていたからです。私文の場合、英語が出来ないと厳しいので頑張りましょう!
スポンサーサイト

英語②・・・

熟語の勉強法ですが、これも単語と同じように一日100語と
決めてやっていました。例のごとくページ隅に①、②、③・・・と書いて。参考書はターゲットや解体英熟語がおススメです。
つい熟語は後回しにしてしまいがちですが、難関大を目指す方はしっかりとやらなければいけません。


文法はNextStageを中心にやりました。これも一日一章とか範囲を決めて反復練習でした。あとセンターは受けなかったのですが、センターの赤本の文法問題を解いていました。問題量も多く安いしおススメです。


もう皆さん分かっていると思いますが、私の勉強法はひたすら反復です。それ以外は直前に赤本を解いただけです。反復はとても地味で退屈な作業かもしれませんが、とても良い勉強法だと思います。


次回は英語のキーとなる長文の勉強法です。

英語①・・・

英語は必ず毎日やらなければいけない教科です。
たとえどんなに時間が無い時でも必ず英語だけはやりましょう。
私は仮面を決意してから、どんなに疲れていても英語だけは必ず毎日やりました。英語の勉強は入試まで皆勤賞でした。


それでは勉強法です。
まず私の勉強は毎日英語の単語帳から始まります。私はシステム英単語いわゆるシス単が自分に合っていたので、それを毎日やっていました。やり方は簡単。毎日100語ミニフレーズをやる。これだけです。赤シートで意味を隠してやるだけです。まずは3章までだけを反復して完璧に覚え、覚えてからは100語+4章20語ぐらいをやっていました。これは必ず毎日やっていたので入試までには何十周もしました。


次回に続きます。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

R&K 

Author:R&K 
仮面浪人で志望校を目指し無事成功した大学生のブログです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。