仮面浪人成功への道・・・
元仮面浪人生によるブログです。 質問・相談あったら気軽にどうぞ☆                  私の仮面時代の前のブログ「仮面浪人で志望校へ・・・」も参考にして下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反撃・・・

皆さん、お待たせしました!


さて、いきなりですが受験勉強の方はいかがですか?


もし今まで思うように出来ていない人はこの記事を読んだら、生まれ変わりましょう!


確かになかなか変わるのって難しい事ですが、変わるとしたら今がラストチャンスですよ!


とりあえず勉強するという習慣をつけましょう!
今は質より量だと思います。


厳しい言い方ですが、もし夏休みに思うように勉強が出来ないのなら仮面成功はないと思います。


別に結果を出せとは言いません。ただ毎日勉強する、その習慣を大事にして下さい。


まぁ夏休みとはいえ、予定が入って思ったように出来ない日があるかもしれません。そういう時でも英語は必ずやりましょう!


私のジンクスとして仮面を決意してから必ず毎日英語はやりました。
これは受験が終わるまで一日も欠かしたことのない事です。


もし英語を毎日やっていない人はこれからは毎日やるようにしましょう!


私は今の時期ならまだ十分に反撃できる可能性があると思っています。


逆にこの時期を過ぎたら反撃はほぼ不可能になると思っています。


時は来ました。今こそ反撃開始です!







スポンサーサイト

申し込み・・・

お久しぶりです。こんにちは。


今月中は更新する予定では無かったのですが、更新しました。


で、なんでかって言うと・・・皆さん模試申し込みましたか?


試験やレポートに追われていて、すっかり忘れてませんでした?


代ゼミだと29日にセンター模試があるみたいです。


他の予備校も多分そんな感じだと思います。


ちなみに私は去年この模試から模試を受け始めました。


模試は受験生と触れる良い機会だと思うので、出来るだけ受けたほうがいいと思います。


今の現状を知るという意味でも役立ちますし。


是非、受けて貰いたいです!


今の時期、試験やレポートで勉強時間が確保できないのは、仮面にとって必然の話です。それをどうこう悩んでも仕方ありません。


今はやらなきゃならない事を全力でやりましょう!

考え方・・・

受験勉強を何時間やったかという話がよく出ると思います。


ですが、成績を上げたいのなら、何時間やったかではなく、何をどれだけやったかが重要になります。


目標を設定して、それを日数で割れば自分が毎日どれだけやればいいか分かると思います。


もちろん目標は人によって異なります。理解度も人によって異なります。


自分は自分、人は人という考えを持ちましょう。


なので一概にこれだけって言うのは難しいですね。


ちなみに質問が勉強時間だったので一応答えますが、


私は、夏前は一日平均3時間。
夏以降は平均8時間って感じでしょうか。





赤本・・・

本日2回目の更新です。


赤本の勉強法についての質問があったので答えたいと思います。


まず赤本は必ず解かなくてはいけない参考書です。


私は現役時、赤本を解く意味が分からなく、それなら他の参考書をやった方がいいという感じで、試験前日に予備校でパラっと問題形式を確認するぐらいでした。


ですが、受験の問題というのは過去の問題を繰り返し使う傾向にあります。やらなきゃ損です。


それでは私の赤本勉強法です。


英語は、以前紹介した「やばい!」という参考書をやる事で赤本の長文をやった事になります。載っているのは全て過去に出た文なので、赤本と同じという意味です。他は特に早い時期からやりませんでした。


本格的に赤本をやり始めたのは1月に入ってからだった気がします。予定では冬休み前からやり始める予定でしたが、予定が遅れ(冬休みは大学のレポートがあります)1月に入ってからという感じでした。


私の場合センターを受けなかった。正確には受けれなかったので、センター対策に時間を取られなかった為にこれでも間に合いましたが、普通はセンターも受けるでしょうから、もう少し早い時期12月には始めた方がいいですね。


もちろん赤本は早めにやった方がいいですよ。


この時期に一度やってみるのもいいと思います。自分の今の力と大学の差が分かりますしね。あと夏休みにも1回解いておきたいところです。



前回の記事にも書きましたが、模試やらで良い結果が出た後に現実に戻る意味でやるのも効果的だと思います。


最後にこれだけは言いたいんですが、所詮赤本・過去問です。
似た問題は出ても、全て同じ問題は出ません。


もしも出来が悪かったとしても、全然気にする必要はありません。
その出来なかったところを徹底的に復習し、本番で出来れば問題なしです。


以前にも書きましたが、演習の目的は穴を見つけそれを埋める事にあります。その問題で高得点をとる必要はありません。
極端に言えば、満点の模試や赤本より半分の点数の模試や赤本の方が価値があるという事です。

秘策・・・

本日2回目の投稿です。


今回は受験の秘策を書こうと思います。
これは私が実際にやった方法です。


仮面浪人という厳しい環境の中、仮面先の大学では特待生・そして合格という事を可能にした方法です。


あくまで私文の話になってしまいます。ご了承下さい。


私文の場合、英語と選択科目(地歴公数)で勝ち逃げましょう!
この2教科である程度の点数を叩き出せば、国語で少しミスっても合格できます!


予備校では全体的にとれるように指導されると思います。
ですが、この2教科を重点的にやれば問題ないんですよ。


では、なぜこの2教科なのか。それは簡単な話です。この2教科は常に安定した得点が取れるからです。


国語はどんなに得意な人間でも文章によって、得意苦手がでるもんなんですよ。実際、私の国語の偏差値は大体60後半以上(代ゼミ)でしたが、そんな私でもたまにはミスをするんです。


もしも本番でその苦手な文章が出ては笑えません。


なので私の勉強比率としては、
英語6割、政経3.5割、国語0.5割ぐらいでした。


偏差値法で合否を出さない大学はこの方法が使えます。


ですが、偏差値法で合否が決まる大学(早稲田・学習院など)は国語も得意にしないとダメですよ。

模試・・・

コメントを頂きましたので今回の記事は模試について書きたいと思います。


私が思うに仮面浪人にとって模試は、かなり重要な存在だと思います。たまに合格された方でも模試は受けなかったという人もいるみたいですが、私は絶対に受けるべきだと思います。


なぜなら仮面にとって模試が唯一、受験生と触れる機会だと思うからです。実際、私も模試以外にはたまに浪人生と会うぐらいしかありませんでした。


模試の雰囲気を大事にして下さい。これは宅浪の人にもいえることだと思います。


もしも本番で普段は出来るのに大人数だから緊張するみたいなことになったら大変です。1年という期間はけっこう長いので毎回家で孤独に勉強していると、たまに集団の中でやると疲れるんですよね。


そして、模試で一番重要なのは解き直しです。
偏差値や判定なんて正直どうだっていいんですよ。
本番で出来ればいいんです。


例えば、模試で満点を取ったとしましょう。これって普通嬉しいですよね?しかし、模試の存在価値としてはゼロですよ。模試というのは間違った所を発見するのが存在価値なんですよ。模試で間違えた問題って、とても印象が強いですしね。


間違えないで下さい。
あなたは模試で良い点を取るのが目的ではないんですよ!


そこで発展的な話になるんですが、模試の前に参考書を読むのは私は反対派です。先程も言いましたが、模試は間違った所に気付くのが目的なので少しでも多く抜けている部分を発見した方がいいんですよ。


模試が終わった後に必ずこう言う人がいます。
「さっき見た部分が出たんだけど。ラッキー!」と。


あなたはこうはならないで下さいネ。


そして解き直しなんですが、まず模試が終わって帰ったらその日のうちに答えあわせをしましょう!鉄は熱いうちに打て!です。


そして出来れば解き直しは、その日のうちにやり遅くても次の日には終わらせましょう!

使用していた・・・

参考書の話の続きです。


まず私が使っていた参考書を書きますね。


「国語」
・ゴロゴ
・富井の古典文法をはじめからていねいに
・富井の古典読解をはじめからていねいに



「政経」
・畠山のスパっとわかる政治・経済爽快講義
・政経ハンドブック
・清水書院 新政治・経済問題集 一問一答
・東進・政経問題集2007~2009
・政治・経済問題集 20日完成 スピードマスター
・東進・現代社会の最新時事2007年版
・政治・経済用語集 山川出版



「英語」
・システム英単語
・解体英熟語
・Z会・入試に出る順 演習英熟語600
・速読英単語 必修編
・速読英単語 上級編
・NextStage
・やばい!英語長文
・やばい!英語長文ハイパー
・河合 出る!出た!英語長文30選


こんな感じだと思います。
昨日も言った通り自分に合う参考書をやるのがベストだと思います。
あくまでこれは私が使っていた参考書を書いたまでです。これが一番とかではないので勘違いしないように。
その他にも国語だったらマドンナや単語帳ならターゲット等も持っていますが、自分には合わなかったのであまりやりませんでした。


次回は具体的な教科毎の勉強法を書いていきたいと思います。

参考書・・・

受験生なら誰もが参考書の1冊は持っていると思います。
予備校に行かなかった私にとって参考書はとても大事なものでした。


そこで参考書について思うのは、自分に合った参考書を選んだ方がいい。参考書は十人十色でいいんですよ。誰かがこれが良いから使うとかはやめた方がいい。誰かがこれで合格したからとか論外。


よく参考書を大量に買うのはよくないと言われる。確かにその通り。何冊もやるなら1冊を完全にした方が絶対に効率がいい。
けど、ここで誤解して欲しくないのは自分に合わない参考書を無理矢理やり続けないという事。自分に合わなければ即変えてもいいと思います。


次回は具体的な参考書の事について書きます。

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

R&K 

Author:R&K 
仮面浪人で志望校を目指し無事成功した大学生のブログです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。